2010年02月09日

<漁船銃撃>漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論(毎日新聞)

 【モスクワ大木俊治】北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターに銃撃された事件で、ロシア外務省は1日、日本の漁船が日露間の安全操業協定に違反してロシア領海の立ち入り禁止区域に入ったと反論する声明を発表し、日本側の抗議を「根拠がなく、受け入れられない」と退けた。

 声明は、ロシア側の銃撃について、日本の漁船が停船要求に従わなかったための「合法的な措置」だとして、「ロシア側にこそ(日本に)抗議する理由があるのは明白だ」と述べている。

【関連ニュース】
漁船銃撃:衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか
北海道漁船銃撃:露外務省に抗議
国後沖:露ヘリが日本漁船に照明弾
露ヘリの国後島沖2漁船銃撃:羅臼の2漁船、被弾の穴ふさぐ 事件隠す意図か

太田前代表の公認取り消し=参院選で公明、責任論に配慮(時事通信)
無登録営業容疑 投資顧問会社を家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
朝青龍、示談書を警視庁に提出(読売新聞)
<前原国交相>「中2の時、父が自殺した」33年後に明かす(毎日新聞)
posted by シマモト ヤスオ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。